まぁ、日記です。薄っぺらですが、思ったことなどちょこちょこっと。間違いも多いので、容赦なくつっこんで下さい。
2011年05月

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年05月29日

■ちょっと近所の増水した川を見てきた。
11052901.jpg 11052902.jpg
11052903.jpg 11052904.jpg
まだ河川敷が残っている部分も見受けられましたが、
もうちょっと雨が続いていたら完全に水没していたでしょうね。
今回はこの程度ですんで良かったと言うべきか?。

これからがシーズン到来だ。
スポンサーサイト

2011年05月22日

■キッズプラザ大阪に行ってみました。
キッズプラザ大阪に行ってみた。
関西テレビのビルの中にある児童館、科学館らしい。
kpla01.jpg kpla02.jpg
でも、利用料金がちょいと高めだったんだ。
kpla03.jpg kpla04.jpg
施設はさすがに立派なものでした。大型複合遊具を中心に色々なコーナーが山盛り。
kpla05.jpg kpla06.jpg
個人的にはこの情報番組の制作を体験できるコーナーが面白かった。
kpla07.jpg
欲をいえば大人がくつろげる場所がもっとあればありがたい。
とにかく広く、ついて行くだけでいっぱいいっぱいでした。

帰りに最近リニューアルした大阪駅をちら見しに行ってみた。
11052201.jpg 11052202.jpg
さらに開発が進む大阪駅周辺。さて、これから先どのようになっていくのだろうか?。

2011年05月15日

■近所の恒例イベント
 地元のこのイベント、25周年を区切りに休止になるという。
 musaio01.jpg  musaio02.jpg
 ひそかに楽しみではあったのですが残念です。

 今までご苦労様でした。お疲れ様です。

2011年05月14日

■南九州あたりに行ってきました。その最後
宮崎最後の立ち寄り場所は日本の初代天皇「神武天皇」をまつるという宮崎神宮
「皇室の彌栄、国家の平安と発展、国民の幸せなどを祈っています」とのこと。
miyazaki01.jpg
今回の旅は日本神話を巡るとともに、各神宮で日本の繁栄を祈る旅であったともいえる気がする。
神々がやどり、自然の驚異と寄り添い生活をいとなんでゆく。
人間の本質を垣間見え、自分を見直すよい旅になったと思います。
天候は残念ではありましたが、ありがとう南九州。

帰りは初めてエアバス機に搭乗した。飛行機自体あまり乗ったことがないんですが。
a32001.jpg
機体はA320。シンプルに丸みをおびたデザインが新鮮に感じた。
a32002.jpg a32003.jpg
この4月からの航空法の改正により、飛行機に搭乗しドアが閉まるまでと、
着陸してドアが開いてからは機内での電子機器の使用が可能になったとの機内アナウンス。
a32004.jpg a32005.jpg
エルロンがピコピコ動いているのを見ているだけで時間がたつのも忘れるほど見入ってしまう。

南九州もなかなか見ごたえがあり、奥深いところだった。
離島も含めてぜひもう一度訪れてみたいですね。できれば新幹線で。

2011年05月13日

■南九州あたりに行ってきました。その9
そしてやってきました。宮崎市にある青島神社に。
aosima01.jpg aosima02.jpg
島全体が境内とし、熱帯・亜熱帯植物の群生地として国の特別天然記念物に指定されているらしいです。
橋を渡って島へと移動します。
aosima03.jpg aosima04.jpg

宮崎は読売巨人軍のキャンプ地であり、青島神社にも参拝に訪れているようです。
絵馬が並べられていました。
aosima05.jpg aosima06.jpg

「水にとける願い札」なるものがあった。
願いを紙に書き、水に浮かべ、その上から水をかけてゆくと溶けていき、願いが成就する、と。
aosima07.jpg aosima08.jpg

個人的に興味津々だったのがこのギザギザ。、「鬼の洗濯岩」です。
とにかくここの規模はスゴイ。沿岸に延々と続いていました。
これだけの層を作る自然の力、壮大ですばらしい、そして恐ろしい。
aosima09.jpg aosima10.jpg
傍の人の話に聞き耳をたててきいたところ、
「うん十年前に来た時はここまで割れていなかったよねぇ。」と。
これからこの自然はどのように変化していくのでしょうか?。

潮が引くと島まで歩いて往来することができる。
満ちてしまうとこの「洗濯板」は水面下に沈んでしまいます。
aosima11.jpg
天然記念物を土足で観察するのも気がひけますが、
まさに間近で地球を体験できる。

潮の満ち引きも考慮し、神話と自然に触れ合える青島にまた訪れてみたいものですね。

2011年05月12日

■南九州あたりに行ってきました。その8
ついにやってきました初めての日向灘、こんにちは太平洋。

そして海岸の断崖にある鵜戸神宮へ。
udo01.jpg udo02.jpg
噂には聞いていましたがホントすごい所にあるもんです。
崖にそった道を歩くとたどり着く。
社殿が洞窟の中に鎮座されております。なんとも神秘的だ。
udo03.jpg udo04.jpg

ここに来るとこの岩をなでないといけない。
そっと、やさしく。
udo05.jpg udo06.jpg

もうひとつ、やらなければならない事がこの「運玉」投げ。
udo07.jpg udo08.jpg
崖の下にある岩に窪みがある。
その穴に男性は左手、女性は右手で「運玉」を投げ入れとどまると願いがかなうらしい。
udo09.jpg udo10.jpg
まぁ、私は外してしまったのですが。


この周辺には独特な形の岩が散在している。
聞くところによると長い年月により固まった砂が浸食され形成されたという。
岩をながめていると色々な物に見えてくる。
何が隠れているか、探してみるのも楽しいかもしれません。
udo11.jpg
左の岩なんてまさにご利益がありそうな・・。
その猛々しさ、あやかりたいものです。

2011年05月11日

■南九州あたりに行ってきました。その7
そしてやって来ました。九州の小京都「飫肥」へと。

飫肥城に向かってみる。
obi01.jpg obi02.jpg
思っていたよりも広い造りに驚かされた。
obi03.jpg obi04.jpg
obi05.jpg obi06.jpg
旧本丸跡に登ってみた。
obi07.jpg obi08.jpg

駐車場の横に「四半的射」なるものがあった。
射場から的まで四間半、弓矢ともに四尺五寸、的が四尺五部。
すべて四半だから四半的射ということらしい。しかも座して撃つ、となんともそそられる物があった。
しかし時間の都合で体験は断念、無念。
obi09.jpg obi10.jpg
obi11.jpg

ここ飫肥は小村寿太郎の生誕の地でもある。
見ていてよかったNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」。
obi12.jpg obi13.jpg
と、いっても、ここに来て初めてこの地で産まれたことを知ったのですがね。
obi14.jpg
生家が復元されていた。実際に産まれた場所はもう少し南の方みたいですが。

知らない土地に出向くと色々新しい発見ができて楽しい。
掲示、展示されていると予備知識がなくても堪能できる。
そして概要を知り、後に詳しく調べてみたりするとまた行ってみたくなる。
大概忘れてはしまうが、そのワクワク感がいい。好奇心ってすばらしいですね。
まぁ、見たり聞いたりしたことが身につかない自分が恨めしい限りですが。

2011年05月10日

■南九州あたりに行ってきました。その6
この日は朝から雨。視界もかなり悪くとても残念な天候でした。
そんな中、えびの高原へ行ったのですがやはり冷たい雨が・・・。
ebino01.jpg ebino03.jpg
前方に見えるのが霧島連山の最高峰である韓国岳。ただ今新燃岳噴火の影響で入山規制中。
一時間ほどで登頂できるらしい。一度は登ってみたいものですがさすがに夢でしょうね・・。
ebino02.jpg
寒い中、雨に打たれながら鹿を観察して早々と退散しました。
残念無念。また来たい。また期待・・・・・。

2011年05月09日

■南九州あたりに行ってきました。その5
そして桜島を後にして北上。
霧島神宮にやってきました。
有史以来、継続して火山活動が活発らしい霧島連山。
よくこのようなところに建立したもんだ。いや、このような場所だからこそか。
kirishimajingu01.jpg kirishimajingu02.jpg
拝殿前まで来ましたが只今修理中。
kirishimajingu03.jpg kirishimajingu04.jpg
写真が展示されてはいましたが、残念すぎる…。
kirishimajingu05.jpg kirishimajingu06.jpg
とにかく参拝してみる。
kirishimajingu07.jpg kirishimajingu08.jpg
国家に詠まれている「さざれ石」が境内に置かれていた。
この石が国家の由来ではないみたいですが、
初めて見た「さざれ石」。初めて「五劫の擦り切れ」の意味を知った時ほどの感銘を受けました。
kirishimajingu09.jpg kirishimajingu10.jpg
kirishimajingu11.jpg
う~ん、こんな無知の私にも御利益を授かることができるのでしょうか?。
とにかく「世界安全」よろしくお願いします・・・。
kirishimajingu12.jpg

2011年05月08日

■南九州あたりに行ってきました。その4
そして知覧を後にして一番楽しみにしていた桜島へ。
桜島フェリーに乗り、薩摩半島から桜島へと約15分の船旅です。

幸運にもこの春就航した最新のフェリーに乗ることができた。(写真右側の赤い船)
初めて2層式のフェリーに乗ったのですが、次々と車が吸い込まれていく様は圧巻でした。
sakurajima01.jpg sakurajima02.jpg
火山活動が最近活発化している桜島。
今現在、新燃岳と共に噴火警戒レベル3(入山規制)。
日本で最も活動している火山のひとつである。

昭和火口から約3キロの有村溶岩展望所からしばらく眺めてみた。
自分が見ていた時だけでさえ4~5回連続して小規模な噴火が起こっていたようでした。
今年に入ってからすでに300回以上も噴火しているらしい。
sakurajima03.jpg sakurajima04.jpg
日本という立地を改めて見つめなおすことができました。

その時に少しながらビデオ撮影してみました。(音楽を入れてみたら意外と音が大きかったので注意です・・)

いつどこで何が起こってもおかしくない日本。
今、自分が何をするべきか。迷いはつのるばかりです。

2011年05月07日

■南九州あたりに行ってきました。その3
そして知覧特攻平和会館へと。
多数の遺品や遺書、戦闘機の実機などが公開されています。
一通り見回った後、感想など文章ではなにも表せません。
tiran01.jpg tiran02.jpg
会館のまわりにも様々なものが。
tiran03.jpg tiran04.jpg
tiran05.jpg tiran06.jpg
tiran07.jpg tiran08.jpg
tiran09.jpg tiran10.jpg

館外から館内を見れるところもあります。
このゼロ戦。損傷部から内部機構がよく見ることができる。
tiran11.jpg tiran12.jpg
復元された兵舎。
tiran13.jpg tiran14.jpg
tiran15.jpg tiran16.jpg

平和公園から少し離れたところにある、
富屋食堂と富屋旅館。
tiran17.jpg tiran18.jpg


また鹿屋にも行くべきでしょうね。

2011年05月06日

■南九州あたりに行ってきました。その2
そして、九州最大の湖「池田湖」へ・・。
その昔、 イッシーを探せ!っと盛り上がっていましたね。
まだ見つかっていないということで私も探してみましたが、
うん、見つかりませんでした。というか対岸すら見えませんでした。
ikeda01.jpg ikeda02.jpg
天気が良ければ花が咲き乱れる風光明媚なところなんでしょうけど・・・。
うなだれつつ池田湖をあとにし、さらに南下。

期待に胸を躍らせつつ、
薩摩半島の最南端「長崎鼻」にやってまいりました!。
nagasakibana01.jpg nagasakibana02.jpg
薩摩富士ともいわれる見事な稜線をもつ「開聞岳」がド~~~ンと眼前に!。
 天気がよければ見えたはずだったんですがね。はい、うっっっすらでした。
nagasakibana03.jpg nagasakibana04.jpg
先っぽまで歩いて行けるようです。私も元気があれば駆けていってたんでしょうけど。
nagasakibana05.jpg

ま、それはともかくここは日本各地に伝わる「竜宮伝説」のひとつでもあるみたいで。
nagasakibana06.jpg nagasakibana07.jpg
乙姫さまを祀った神社が鎮座されております。
nagasakibana08.jpg nagasakibana09.jpg
なにやら工事中のようです。
nagasakibana10.jpg
晴天の時にまたこなきゃいけないじゃないですか!。

不完全燃焼ながら残念すぎる本日の行程はここにて終了。

2011年05月05日

■南九州あたりに行ってきました。その1
鹿児島に行ってきました。
そして小高い丘にある鹿児島市街と桜島を一望できるという「城山展望台」へ。
110503siroyama01.jpg 110503siroyama02.jpg
えっと、桜島はどこなのでしょう?。
110503siroyama03.jpg 110503siroyama04.jpg
とても残念な天候でした。

・・・しばらくこの旅行ネタを続けたいと思います。
とにかく、ごーさうす。

2011年05月01日

■ドコーン
かわべ天文公園にて。

「わが生涯に一片の悔いなし」110430waga.jpg
まぁ、私は悔いだらけですが。

ちなみに今、ここのプラネタリウムの春番組は2011年6月5日(日)まで
「はるのほしぞらさんぽ~北斗発、南十字行き~」
らしいです。

 | Blog TOP | 

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

ブログ内検索

カテゴリー

RSSフィード

月別アーカイブ

最近のトラックバック

プロフィール

hetaR

Author:hetaR

おもにFPSゲームのDoD:sをやっています。 というか最近はそれしかやっていません。

なかのひと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。